森林利用保全協定の締結

亀岡市宮前町神前2(全労済京都府本部)

全労済京都府本部が、地域の皆さんや関係団体等と連携、協働して取り組む森林利用保全活動に対して、関係機関が積極的に協力しモデルフォレスト運動の推進を図るため、協定を締結しました。

協定締結

日時

平成20年4月8日火曜日、午後3時から3時40分

場所

京都府公館(京都市上京区)

出席者

全労済京都府本部理事長 政田滋氏
亀岡市長 栗山正隆氏
京都府知事 山田啓二氏
神前区区長 森 啓一氏ほか
京都モデルフォレスト協会理事長 柏原康夫

活動場所

亀岡市宮前町神前地区の森林 0.5ヘクタール

活動内容

  • 広葉樹の植樹
  • 植樹場所の草刈り、竹林等の整理
  • 樹木調査や野鳥観察等の森林・環境学習 等

感謝状

当日は全労済から京都の森林づくりのためにと、寄付をいただき、理事長から感謝状を贈呈しました。

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ