カミッグの森づくり活動が始まりました

長岡京市西山3(株式会社マツシマホールディングス)

11月1日、カミッグと西山森林整備推進協議会、京都モデルフォレスト協会の3者は、長岡京市(西山)での森林整備活動を行うため、「森林の利用保全に関する協定」を締結しました。

この協定に基づき、11月9日(月曜)に1回目の活動が行われ、社員約30名が竹林や広葉樹の整備に汗を流しました。荒れた森林が健全な森に蘇ることを目指して、今後は2ヶ月に1回の頻度で活動する予定です。

笑顔で集合写真
竹林の整備
説明を聞く参加者

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ