令和2年度緑の募金運営協議会結果報告

緑の募金に関する重要事項を審議するために、緑の募金運営協議会を開催しましたので、その結果を報告します。
なお、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から書面開催としました。

出席委員(五十音順)

  • 畦﨑 桂子  一般社団法人ガールスカウト京都府連盟事務局次長
  • 大西 義弘   京丹波町農林振興課長
  • 久山 多代子 京都森林インストラクター会参与
  • 坂根 久喜  舞鶴市農林課長
  • 中村 隆史  京都大阪森林管理事務所所長
  • 水口 裕一郎  京都府農林水産部技監
  • 柳澤 傳    日本ボーイスカウト京都連盟副連盟長
  • 山下 宏文  京都教育大学社会科学科教授
  • 山口 隆範  京都府教育庁指導部 部長

議事

主な報告事項

令和2年度緑の募金事業等の実施について

令和2年度の緑の募金活動は、春募金は3月1日〜5月31日、秋募金は9月1日〜10月31日までを募金強化期間として、支援団体・職場・企業等に対し、緑の募金への協力を併せて呼びかけを行いました。家庭募金が減少したものの、街頭・職場募金をはじめ各種募金が増加したため 募金実績は13,492,251円で、前年比93.6%となりました。

令和2年度方法別募金実績額(集計期間/1月~12月)

目標額 春期募金実績 秋期募金実績 合計 前年比
17,000,000円 9,018,357円 4,473,894円 13,492,251円 93.6%

令和2年度方法別募金実績額(単位:円)

家庭 街頭 職場 企業 学校 その他 合計
7,274,127 256,860 3,518,560 1,653,024 301,500 488,180 13,492,251

緑の募金実績(昭和28年度~令和元年度)

令和元年までの実績 令和2年実績 累計
727,744,750円 13,492,251円 741,237,001円

主な活動事例

緑の募金への呼びかけ

リーフレットやポスターのほか、府内産材を加工した募金資材を作成し、緑の募金へのご協力を呼びかけました。
また、緑の募金に多大な貢献をした個人又は団体に対し、感謝の意を表するため感謝状の贈呈を行っています。(個人10万円以上、団体20万円以上)

【令和2年度贈呈先】
ダイドードリンコ株式会社、京都府ホンダ会、大和ハウス工業株式会社
京都中央信用金庫、株式会社平和堂、海上自衛隊舞鶴地方隊及び舞鶴在籍部隊
京都北都信用金庫

飲料用自動販売機の販売額に応じて『緑の募金』にご協力いただきました。緑の募金寄付型自動販売機

【協力飲料会社】
ダイドードリンコ株式会社、株式会社伊藤園、アサヒ飲料販売株式会社、関西キリンビバレッジサービス株式会社、ジャパンビバレッジウエスト株式会社、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、株式会社山久、高倉有光社

現在、緑の募金寄付型自動販売機の設置には44社の御協力を得ています。

企業による緑の募金キャンペーンの展開

「緑の募金付き商品」などの売り上げを通じ、募金にご協力いただきました。

(事例)
㈱アインズ…緑の募金オリジナル卓上カレンダーの売上に応じて募金
京都府ホンダ会…各販売店のハイブリッドカー販売台数に応じて募金
㈱樽徳商店…手作り桶の売上に応じて募金

緑の募金による各種事業

森林愛護運動推進事業

青少年の健康を増進し、社会奉仕や森林愛護の啓発を図るため、ボーイスカウトやガールスカウトが行う森林愛護活動に対し、資材等の購入に必要な経費及び森林整備活動や研修の経費について助成しました。

学校緑化・森林環境学習推進事業

教育環境の整備と緑を愛し育てる心を育むため、府内の小中学校に対し、植樹木の購入等に要する経費に対し、助成を行いました。

地 域 実施校
京都・乙訓地域 京都市立御所東小学校、京都市立朱雀第二小学校、
京都市立修学院第二小学校、京都市立音羽小学校、
京都市立神川小学校、京都市立下鴨中学校、向日市立第3向陽小学校
山城地域 木津川市立山城中学校、木津川市立相楽小学校、
木津川市立棚倉小学校、木津川市立上狛小学校
南丹地域 亀岡市立東別院小学校、京丹波町立瑞穂小学校
中丹地域 綾部市立志賀小学校
丹後地域

緑の少年団等育成・活動支援

森林や緑の大切さを学習するための緑の少年団の活動に対して助成を行いました。

地 域 実施校
京都・乙訓地域 ガールスカウト京都緑の少年団
山城地域 こうのす緑の少年団、くすのき緑の少年団、ボーイスカウト田辺第1団緑の少年団、木津川市ガールスカウト緑の少年団
南丹地域 ガールスカウト京都府第57団緑の少年団、美山緑の少年団、
京丹波町立和知小学校緑の少年団
中丹地域 福知山市立美河小学校緑の少年団、美鈴緑の少年団、
ガールスカウト福知山緑の少年団、有仁小学校緑の少年団、
夜久野学園緑の少年団
丹後地域 京丹後長岡緑の少年団

森の出前授業

京都府教育委員会の「子どもと社会を結ぶまなびづくり協議会『結ネットKYOTO』」登録団体として、府内中学校や幼稚園の生徒や指導者に対し、森林や緑の大切さを学習するための出前授業を行いました。※今年度の予定も含む

実施日 出前事業先 場 所
令和2年11月8日 朱い実保育園 京都市左京区
令和2年11月12日 京都市立安朱小学校 京都市山科区
令和2年11月23日 京都建築専門学校 京都市右京区
令和3年1月14日 嵯峨幼稚園 京都市右京区
令和3年1月15日 御室幼稚園 京都市右京区
令和3年1月19日 葉室幼稚園 京都市西京区
令和3年2月15日 京都市立金閣小学校 京都市北区

緑化運動・愛鳥週間ポスターコンクール

青少年の緑化思想の高揚を図るため、府内の小・中・高等学校の生徒を対象にポスターの募集を行いました。9月26日から翌27日まで上位入賞作品を京都府立植物園(京都市左京区)で展示したほか、全国応募のポスター原画コンクールに応募しました。例年開催しております表彰式新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止

啓発活動

地域での取り組みを紹介し、緑の募金の取り組みをPRするチラシ、リーフレットの作成等により、緑化思想の普及啓発に努めました。

募金資材

PR資材として、緑の羽根や種子等を購入したほか、府内産材を利用した木製品を活用し、地元産材の利用を通じた森林保全の重要性をあわせて呼びかけました。

令和元年度緑の募金交付金一覧

交付先及び交付額(単位:円)

交付先 支援団体名 金額 主 な 取 組
京都・
乙訓地域
京都・乙訓緑化推進委員会    707,000 ボーイスカウト・ガールスカウトの森林整備活動支援、地域緑化、学校緑化、公園緑化、緑化推進啓発活動、募金活動推進等
山城地域 山城モデルフォレスト推進協議会 907,000 モデルフォレスト参画企業、緑の少年団、森林ボランティアの交流会、ボーイスカウト・ガールスカウト等への活動助成、森林整備・緑化推進啓発活動等
南丹地域 (公財)亀岡市都市緑花協会 1,041,000 苗木・プランター配布、花づくりコンクール、緑の少年団活動資材助成等
南丹・京丹波林業振興会   431,000 地域緑化の推進・緑化樹の苗木配布、募金活動推進等
中丹地域 福知山緑化推進委員会 1,236,000 森林ボランティア団体活動支援、自治会等への緑化樹配布、福知山地方植樹祭等
舞鶴市森づくり推進委員会 1,346,000 森林整備活動、地域緑化、学校緑化、緑の少年団、ボーイスカウト・ガールスカウト育成活動助成、森林整備・緑化啓発活動等
綾部緑化推進委員会 394,000 苗木配布、緑の少年団活動助成、緑化啓発活動等
丹後地域 与謝地方林業振興会 349,000 地域の植樹活動支援、緑化ポスター応募記念品等
丹後地方林業振興会 99,000 苗木配布、地域緑化事業等
中央交付金 (公社)国土緑化推進機構2%+250千円

 

審議事項

以下の通り、承認されました。

令和3年度緑の募金の目標及び実施計画について

緑の募金強化期間の設置

春期:3月1日〜5月31日
秋期:9月1日〜10月31日

募金目標額

募金目標額を16,000千円とします。

募金目標額 春期募金の目標 秋期募金の目標 (参考)
16,000,000円 13,000,000円 3,000,000円 令和2年実績
13,492,251円

緑の募金活動

府民の皆様に森や緑の大切さをご理解いただくため募金活動並びに募金を活用した事業を一層充実します。
このため、協会が実施する行事等での募金活動や、モデルフォレスト運動に参画いただく企業や緑の募金支援団体、地方公共団体との連携を強め、積極的な募金活動を実施するとともに、協力いただいた募金の活用内容をホームページや印刷物等で積極的にPRすることにより募金額の拡大を図ります。また、募金箱の設置協力などの呼びかけを強化します。

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ