SDGs公開ワークショップ「企業が取り組む初めての生物多様性を考える in森林」

201生態系サービスを支える生物多様性の保全に向けた取り組みは、SDGsにおける「社会と経済の持続可能性」の根底を占めています。しかし、何から始めればよいのか、何をすればよいのか、生物多様性の取組にお悩みの企業も多いのではないでしょうか。

本ワークショップにより、これからの企業による生物多様性の取組や森林の保全をはじめとしたCSR活動の展開を提案し、行動につなげることを目指します。

日時:平成30年10月25日(木曜)
午前10時30分~(開場10時00分~)

場所:旧美山町知井小学校(南丹市美山町中)

  • 京都市内からの無料バス運行
    ○京都駅八条口観光バス乗降場(アバンティ前)から会場までの往復バスを準備しております。
    午前8時出発→会場10:10着(7:50までに受付・乗車願います。詳細は後日ご案内します。)

当日スケジュール(予定)

時間 項目
10:00~10:20 受付
10:30~ 講演 「企業が取り組む初めての生物多様性

電機・電子4団体環境戦略連絡会生物多様性ワーキンググループ主査
土田 真奈見 氏
(エスペック株式会社環境管理室環境管理グループ マネージャー)

13:00~ フィールドワーク「生物調査・観察体験」
エスペックミック株式会社 主任研究員
吉野 知明 氏
会場:(公財)日新電機グループ社会貢献基金の活動森林
15:00~

(16:00閉会)

ワークショップ「具体的な展開事例と情報交換」
・社員・家族、こども向けワークショップの取組体験
・意見交換

対象・定員

森林保全への取り組みを実施中、または検討中の企業担当者、50名

協力

電機・電子4団体環境戦略連絡会生物多様性ワーキンググループ
日新電機株式会社、公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金

後援

京都府(予定)、公益社団法人国土緑化推進機構、京都商工会議所、京都CSR推進協議会、KES環境機構、京のアジェンダ21フォーラム、関西SDGsプラットフォーム(予定)

参加費

1,000円(昼食代、資料代)をご負担いただきます。

会場へのアクセス

○京都縦貫自動車道「園部インターチェンジ」下車、府道19号線から美山町へ
(園部インターチェンジからの所要時間:約45分)
○京都市内より国道162号線(周山街道)を北上し美山町へ(所要時間:約1時間30分)

お申し込み

平成30年10月19日(金)まで。但し定員に達し次第締め切ります

代表者情報

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
ご連絡先
同行者お名前

バスご利用ご希望の場合は以下にご乗車人数をお書きください。

公益社団法人京都モデルフォレスト協会 事務局
TEL・FAX075-823-0170 tanaka@kyoto-modelforest.jp
〒604-8424 京都市中京区西ノ京樋ノ口町123 京都府林業会館3階

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ