森林保全活動などでの刈払機(草刈機)使用の際の安全管理にご注意ください

夏場を迎え、下刈りや歩道等の草刈りなどの森林整備において、刈払機を使用して作業する機会が多くなります。また森林の保全活動等に取り組む森林ボランティアなどの際、不慣れな刈払機などを使用することに伴い、事故の発生が危惧される時期でもあります。
このような中、消費者庁及び独立行政法人国民生活センターより「刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!」のとおり、刈払機の使用について注意喚起されました。
森林整備での刈払機の使用は、農作業での使用と比べ、足場の不安定な箇所での作業が多いなど、より危険な要因が潜んでいますので、今一度安全な活動についてご留意ください。

参考リンク

「刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!」(消費者庁及び独立行政法人国民生活センター)

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
森の京都
モデルフォレスト運動紹介ムービー