平成29年度森林・山村多面的機能発揮対策活動組織現地講習会を開催しました!

概要

日時:平成29年7月14日(金)、7月15日(土) 13:30~16:30

場所:洛西散策の森(京都市西京区・京都府立大学大枝演習林内)

7月14日、15日に、森林・山村多面的機能発揮対策を実施中の活動組織を対象としたモニタリング調査の講習会を開催しました。

当日は、京都府森づくり推進課のご担当者様のほか、講師として、森林インストラクターの方、府内の活動地をまわられている現地確認員の方にご指導いただきました。

両日ともとても気温の高い中での開催となりましたが、各日20名ほどの参加者は熱心に説明を聞かれており、釣りざおを使った木の混み具合調査や、樹高や胸高直径の計測などを体験されました。また、森林整備を継続していく上で欠かせない作業道づくりについても、留意点などを学びました。

ご参加・ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

樹木の高さを予測しています

胸高直径を測っています

釣りざおを使用して調査区を設定します

暑い中熱心な参加者のみなさんでした

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
森の京都
モデルフォレスト運動紹介ムービー