株式会社SCREENホールディングス活動報告

【亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)】

なると金時&コシヒカリの収穫とSDGs学習

日時:2018年9月15日(土曜日)
天候:曇り(小雨)
参加人数:約59 人(SCREENのみ)、地元を含めると総勢70人

9月15日、モデルフォレスト活動の第3回目イベントとして、なると金時とコシヒカリの収穫および、SDGs(※)学習を行いました。昼食はバーベキューを楽しみ、収穫を祝いました。(※SDGs…2015年の国連サミットで採択されたSustainable Develepment Goals(持続可能な開発目標)の略)

当初は9月8日に開催を予定していましたが、天候不良のため15日に順延。日程変更があったにも関わらず、SCREENグループからは59名、地元の方は11名が参加され、総勢70名での活動となりました。時折、小雨が降る中で、皆、頑張って収穫を行いました。

サツマイモ掘り

芋畑で、なると金時の収穫です♪
大人も子どもも泥だらけになりながら、丁寧にサツマイモを掘り出しました。

次は稲刈りの予定でしたが、地元の方のアドバイスで「SCREENの森」の様子を見に行きました。
7月に間伐したばかりでしたが、台風21号とその後の大雨の影響で山は地滑りを起こし、木が下の畑にまで流れ込んで以前とは違う景色になっていました。


自然の驚異を感じるとともに、改めて日頃の森林保全の大切さを学ぶ機会となりました。

稲刈り

稲刈り機を使わず、昔ながらのやり方で鎌を手に握って刈り取りました。15株から20株を一つの束にして稲木にかけるまでの作業を行いました。手作業はかなりの重労働でしたが、すべての稲を刈り取ることができました。

バーベキュー&SDGs学習

昼食は、公民館の中庭でバーベキューをして、なると金時も焼き芋にしていただきました。
昼食後、「SDGs」について少し勉強の時間を設け、子ども目線での説明とゲームを実施
ゲームでは全員が見事ゴールし、大きな声で「SDGs」と唱えてくれました。


当社グループは、環境保全分野における社会貢献活動の一環として「京都モデルフォレスト運動」に協賛し、京都府亀岡市宮前町宮川区の森林の一部「SCREENの森」の森林保全に取組んでいます。

 

関連情報

 

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ