公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金との「森林の利用保全に関する協定」調印式を行いました

【南丹市美山町中勘定(公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金)】

平成30年7月3日(火)、公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金(京都で創業し、社会貢献活動の推進に努める日新電機株式会社が設立)が、環境保全分野の社会貢献活動の一環として、京都モデルフォレスト運動に参画し、南丹市美山町中で活動を行うこととなり、次のとおり「森林の利用保全に関する協定」の調印式を行いました。

協定調印式の概要

日時:平成30年7月3日(火) 11時30分~12時00分
場所:京都府庁1号館3階会議室
出席者(敬称略)

  • 公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金  小畑 英明 理事長
  • 美山町知井振興会 長野 光孝 会長
  • 南丹市 西村 良平 市長
  • 京都府 西脇 隆俊 知事
  • 公益社団法人京都モデルフォレスト協会 柏原 康夫 理事長

協定の概要

1 協定地 南丹市美山町中勘定 山林2.94ha
2 協定期間 協定締結日から平成35年3月31日まで
3 主な協定内容
・植林、草刈り及び遊歩道の整備、除間伐
・地域づくりイベント等への参加・協力

協定の目的

公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金が南丹市美山町中勘定の森林において行う森づくりのための植林等の取組に関して、関係団体の役割を定め、「京都モデルフォレスト運動」の推進及び水源のかん養等の森林の公益的機能の増進を図ることを目的とする。

公益財団法人日新電機グループ社会貢献基金の概要

経緯

日新電機株式会社の創立100周年記念事業の中で社会貢献活動が大きく位置づけられ、今後も継続して力をいれていくための機関として設立

本社

京都市右京区梅津高畝町47番地(日新電機株式会社 総務部内)

設立年月日

2017年3月9日一般財団法人として設立
2018年3月9日公益財団法人へ移行

事業内容

(1) 技術系人材の育成
(2) 京都を中心とした歴史的文化財の保護
(3) 地域の環境保全活動への協力

参考

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ