第9回 Club J-WESTの森 森づくりイベントを開催しました

【府民の森ひよし(Club J-WESTの森)(西日本旅客鉄道株式会社)】

  • 日時:平成30年6月2日(土曜日)晴れ
  • 場所:Club J-WESTの森(スチールの森京都(府民の森ひよし)内)
  • 参加者:約250名
  • 内容:森づくり活動(森林整備体験)、自然観察会、木工教室、ツリークライミング、薪割・丸太切り体験、燻製づくりミニ講座、バウムクーヘンづくり体験、地元農産物販売、ペレットグリル体験、森のカフェなど

今回で第9回目を迎える「Club J-WESTの森」森づくりイベントを、平成30年6月2日(土曜日)Club J-WEST会員の皆様や一般参加の皆様のご参加により開催しました。前回10月に予定していたイベントではあいにくの台風により中止となりましたが、今回は終日素晴らしい好天に恵まれ、森づくり活動ほか森に親しんでいただくための様々な活動をご体験いただきました。

森づくり活動(森林整備体験)では、京都府林業士会やスタッフによる森林の持つ様々な役割や京都の森の現状についてのお話のあと、Club J-WESTの森内で広葉樹を伐採する作業を体験いただき、残った木の生長を促して、CO2削減を図りました。

その他樹上からの眺めを体験できるツリークライミングや、初夏の森の中を森林インストラクターのご案内で散策する自然観察会、NPO法人京都匠塾による木工教室などを開催。体験コーナーでは子どもたちに人気の恒例バウムクーヘンづくり体験のほか、燻製づくりミニ講座や薪割・丸太切り体験、今回新たにペレットグリル体験や森のカフェコーナーも登場しました。

参加者の皆さんからは、「森の中で楽しく過ごせて日頃のストレスから解放されました」「自然に触れ合い、街なかではできない体験ができたのが良かった」「普段できない森林の整備を体験でき、とてもよい経験となった。森の手入れの重要性が理解できた」といった感想をいただきました。

 

※この事業は、Club J-WEST「カーボンオフセット特典」からのご寄付による森林保全活動の一環として行われまし た。

協力

西日本旅客鉄道株式会社、京都府
京都府立林業大学校、南丹市日吉町郷土資料館、京都府林業士会、京都森林インストラクター会、ツリークライミングクラブ森遊隊、山仕事サークル杉良太郎、NPO法人京都匠塾、エグカフェ、スプリングスひよし(順不同)

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ