株式会社SCREENホールディングス「森林の利用保全に関する協定」調印式を行いました

【亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)】

平成29年12月19日(火曜)、京都で創業し、CSR 経営の推進に努める株式会社 SCREEN ホールディングスが、環境保全分野の社会貢献活動の一環として、京都モデルフォレスト運動に参画されることとなり、次のとおり「森林の利用保全に関する協定」の調印式を行いました。

協定調印式の概要

日時:平成29年12月19日(火) 11時00分~11時30分
場所:京都府庁1号館3階会議室
出席者(敬称略)

  • 株式会社SCREENホールディングス 垣内 永次 代表取締役 取締役社長
  • 亀岡市宮前町宮川区 井内 克久 区長
  • 亀岡市 桂川 孝裕 市長
  • 京都府 山田 啓二 知事
  • 公益社団法人京都モデルフォレスト協会 柏原 康夫 理事長

協定の概要

協定地

亀岡市宮前町宮川 山林 52.59ha

主な協定内容

  • 植樹(赤松等)及び草刈り等
  • 人工林の除間伐
  • 森林・環境学習や地域づくりイベント等への参加・協力

協定の目的

株式会社SCREENホールディングスが亀岡市宮前町宮川区の森林において行う森づくりの取組に関して、関係団体の役割を定め、「京都モデルフォレスト運動」の推進及び水源のかん養等の森林の公益的機能の増進を図ることを目的とする。

参考

ページの先頭へ

facebookでチェックしてね