CSR活動公開セミナー「森林とSDGs時代のCSR活動」(事前申込終了)

ご好評につき事前申し込み受付を終了させていただきました。
第一部(講演会)、第二部(事例発表)については当日参加も可能ですが、立ち見でのご案内となる可能性がございますので、予めご了承ください。

京都府内には、京都を創業の地とする多くの日本をリードする先進的企業が本社を構え、その歴史や環境の中で非常に高い環境意識を持っておられます。こうした企業の多くが、府民・企業・団体など森の恵みを受ける皆で京都の緑を守る「京都モデルフォレスト運動」に参画いただき、資金提供だけでなく社員自らが森林整備活動を行っています。
また、近年では国連のSDGs(Sustainable Development Goals)の採択により、持続可能な社会づくりへの関心がさらに高まっており、協会では今回初めて、生物多様性や森林の保全をはじめとしたこれからのCSR活動について考える公開セミナーを開催することとしました。ぜひご参加ください。

公開セミナーご案内チラシ

概要

日時:平成30年2月7日(水)午後1時30分~(開場午後1時)
場所:京都リサーチパーク「バンケットホール」
(京都市下京区中堂寺/西地区4号館B1階)

第一部 講演

講師 足立 直樹 氏

演題「企業が守って活かす森林の価値」
講師:足立直樹氏
(株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役)

講師プロフィール

企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)理事・事務局長、環境経営学会顧問、BBOP(The Business and Biodiversity Offsets Program) アドバイザリーグループ・メンバー、サステナビリティ日本フォーラム評議員、日本エシカル推進協議会理事など。他に 環境省 経済社会における生物多様性の保全等の促進に関する検討会、生物多様性企業活動ガイドライン検討会、農林水産省 農林水産分野における生物多様性保全推進調査事業検討会等 委員。

第二部 事例発表

京都モデルフォレスト運動参画企業による実践事例報告

第三部 交流会(定員に達しました)

希望者による意見交換会(有料)

後援等

一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)、京都府、近畿中国森林管理局、公益社団法人国土緑化推進機構、京都商工会議所、京都CSR推進協議会、KES環境機構、京のアジェンダ21フォーラム

※本事業は国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」の助成を受け実施しています。

費用

第一部~第二部 無料
第三部(交流会) 1,000円(当日会場にて申し受けます)
※当協会会員(友の会除く)は無料

ページの先頭へ

facebookでチェックしてね