京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

令和3年 理事長 年頭の御挨拶 (2021年1月1日)
新年あけましておめでとうございます。 皆さまには、令和3年の新春を、晴れやかにお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。 皆さまと共に進めてまいりました京都モデルフォレスト運動は、ご参画いただいている企業・団体の皆さまをはじめ、ボランティア団体や府内各地で森...
(緑の募金事業)「森の出前授業」幼稚園でしいたけの菌打ち体験を行いました(2021年1月14日)
令和3年1月14日、京都市右京区の嵯峨幼稚園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 この日は紙芝居を使って森の生きものたちの話を聞いたあと、「コナラ」の木にしいたけの赤ちゃん(しいたけ菌)を打...
森林内での活動における新型コロナウイルス感染症が発生した時の対応及び活動再開に関する基本的なガイドラインについて(2021年1月4日)
  令和2年5月29日 改訂 令和2年6月12日  新型コロナウイルス感染症については、引き続き感染拡大の防止に向けた取組が求められております。 この度、公益社団法人国土緑化推進機構から、今...
ローソン緑の募金「宇治支援学校源氏物語屋上庭園学校環境緑化モデル事業」完成記念式典が行われました (2020年12月22日)
令和2年12月22日(火)京都府立宇治支援学校において、公益社団法人国土緑化推進機構「学校環境緑化モデル事業」の完成記念式典が行われました。この事業は、株式会社ローソンの社会貢献活動として、各店舗に...
12月6日 国際ソロプチミスト京都「子ども森づくり・体験学習会」を開催しました(2020年12月6日)
令和2年12月6日(土曜日)、国際ソロプチミスト京都「子ども森づくり・体験学習会」を開催し、小学生13人を含む計27名の皆さんにご参加いただきました。 当日は、京都市北区の左大文字の火床付近で、左大...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ