京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

企業担当者のための森林保全活動体験ワークショップ2019(2019年9月13日)
2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標:SDGs(Sustainable Development Goals) において森林は生物多様性損失の阻止など極めて重要な役割を担うものとしてその持続可能な利用が求められています。京都モデルフォレ...
一般財団法人三洋化成社会貢献財団との「森林の利用保全に関する協定」調印式を行いました (2019年10月2日)
令和元年10月2日(水)、一般財団法人三洋化成社会貢献財団(京都で創業し、社会貢献活動の推進に努める三洋化成工業株式会社が創立70周年を迎えるにあたり設立)が、環境保全分野の社会貢献活動の一環として、...
(緑の募金事業)「森の出前授業」を行いました(池内小学校)(2019年9月30日)
令和元年9月30日、京都府舞鶴市立池内小学校の5年生の皆さん7人が、池姫竹炭組合の指導で緑の募金事業「森の出前授業」を受けました。 この日は竹の話を聞いた後、竹林での伐採の様子を見学しました。 つづい...
第11回「Club J-WESTの森」森づくりイベント(2019秋)を開催します(2019年9月25日)
来る10月26日(土曜日)、さわやかな秋の森で、第11回目を迎える「Club J-WESTの森」森づくりイベントを開催します。豊かな森林づくりに欠かせない森林整備体験や毎回大人気のツリークライミング、...
府民公開講座「京都の歴史と文化遺産を支えた森」を開催しました(2019年9月7日)
令和元年9月7日(土曜日)、国際博物館会議(ICOM)京都大会関連イベントとして、府民公開講座「京都の歴史と文化遺産を支えた森」を開催しました。 本講座は、千年の歴史を支え、文化の礎となっている森と人...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ