京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

府民公開講座2023春「ふるさとのくらしと森の手入れ」 (2023年2月1日)
ふるさとの昔の暮らしと森の手入を経験しながら、森と人との繋がりについて考えます 南丹市日吉町内の「府民の森ひよし」において、身近な里山の手入れを経験し、かつては京都へ木材へ供給していた当地の暮らしや歴史について学びます。 概要 日時 2023年3月10日(金...
(緑の募金事業)「森の出前授業」保育園でしいたけの菌打ち体験を行いました(2023年1月24日)
令和5年1月24日、京都市右京区の嵯峨こばと保育園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 この日は森の生きものたちの話を聞いたあと、「コナラ」の木にしいたけの赤ちゃん(しいたけ菌)を打ち込む作...
(緑の募金事業)「森の出前授業」を実施しました(みぎわ保育園) (2023年1月19日)
令和5年1月19日、京都市のみぎわ保育園他系列園の年長児童の皆さん58人が、篠町「町づくり推進会」長尾山部会の指導で「森の出前授業」を受けました。 この日は、亀岡市内の長尾山を散策し、その後、冬の行事...
(緑の募金事業)「森の出前授業」保育園でしいたけの菌打ち体験を行いました(2023年1月19日)
令和5年1月19日、京都市右京区の御室幼稚園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 この日は森の生きものたちの話を聞いたあと、「コナラ」の木にしいたけの赤ちゃん(しいたけ菌)を打ち込む作業をし...
(緑の募金事業)「森の出前授業」幼稚園でしいたけの菌打ち体験を行いました (2023年1月17日)
令和5年1月17日、京都市西京区の葉室幼稚園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 今年度も、新型コロナウイルス感染予防のためクラス毎での実施となりました。 この日は森の生きものたちの話を聞い...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ