京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

株式会社中央倉庫様からご寄付をいただきました(2020年3月13日)
令和2年3月13日、株式会社中央倉庫様からいただいた寄付金に対し、感謝状を贈呈しました。 この度は、協会が行う緑化推進活動及びこどもたちへの森林体験学習の趣旨にご賛同いただきご寄付いただいたものです。 このご支援に対し当協会から感謝状を贈呈させていただきました...
守り育てよう京都の森と緑-令和2年の「緑の募金」の取り組みがスタート(2020年3月2日)
この度、緑の募金法に基づく「緑の募金運動」が春期の取組時期を迎え、令和2年の「緑の募金」の取り組みをはじめましたのでお知らせします。 京都の豊かな森と緑を次世代へ繋いでいくため、「緑の募金で進めようS...
令和2年度森林・山村多面的機能発揮対策活動組織募集のご案内(令和2年3月31日まで) (2020年2月28日)
京都の森を元気にしよう !! 森林づくり活動への支援 「森林・山村多面的機能発揮対策」の事業者を募集します。 森林・林業を支える山村において、過疎化等の進行に伴い、地域住民と森林との関わりが希薄化し、...
ダイドードリンコ株式会社様からの「緑の募金」に対し感謝状を贈呈しました(2020年2月13日)
令和2年2月13日、ダイドードリンコ株式会社様から令和元年中にいただいた「緑の募金」に対し、感謝状を贈呈しました。 この募金は、府内に設置された「緑の募金付き自動販売機」の売り上げに応じ、一定額をいた...
第38回毛原の森 モデルフォレスト活動報告(エスペック株式会社)(2020年2月13日)
日時:2020年2月8日(土曜日) 天候:雨 参加人数:50人 活動:植樹後の苗を獣害から守るための防護柵設置作業 2020年2月8日(土)に第38回毛原の森モデルフォレスト活動を実施いたしまし...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ