京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

企業担当者のための森林保全活動体験ワークショップ2019(2019年9月13日)
2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標:SDGs(Sustainable Development Goals) において森林は生物多様性損失の阻止など極めて重要な役割を担うものとしてその持続可能な利用が求められています。京都モデルフォレ...
育てよう!きょうとトラックの森「チャレンジ里山体験2019」を開催(京都府トラック協会サイトへ) (2019年11月9日)
令和元年11月9日(土)、銀閣寺裏山の国有林一帯で「育てよう!きょうとトラックの森『チャレンジ里山体験2019』」を開催しました。 午前9時30分から八神社前で開催した開会式では、まず、主催者挨拶とし...
収益の一部は京都の森と緑を守る取り組みにー「北山杉干支の置物のご案内ー」(2019年11月6日)
例年ご好評いただいております北山杉を使用した「干支の置物」のご案内です。 収益の一部は京都の森と緑を守る取り組みにあてられます。皆様のお申し込みをお待ちしております。 サイズ おおよその目安となりま...
(緑の募金事業)「森の出前授業」を京都御苑で行いました(朱い実保育園)(2019年11月4日)
令和元年11月4日、朱い実保育園の保護者会主催で、園児と保護者の78家族が、五感で自然を楽しむ「秋のスタンプラリー」を行い、京都森林インストラクター会の協力のもと、緑の募金事業「森の出前授業」を受けま...
「五感で木を感じる体験」in農林水産フェスティバル2019(11/30、21/1)開催(2019年11月1日)
森の恵みである木の香りを感じながら木工体験をしてみませんか? 「森の人材バンク」登録団体の京都林・材・建青年会議所の「森の先生」が丁寧に教えてくれます。事前申し込み不要。   ...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ