京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

平成30度緑の募金運営協議会結果報告 (2019年2月8日)
緑の募金に関する重要事項を審議するために、緑の募金運営協議会を開催しましたので、その結果を報告します。 開催日時及び場所 平成31年2月6日(水)午後2時から3時まで 京都府林業会館3階研修室 出席委員 (五十音順) 畦﨑 桂子  一般社団法人ガールスカウト...
第34回毛原の森モデルフォレスト活動(2019年1月31日)
日時:2019年1月19日(土曜日) 天候:曇りのち晴れ 参加人数:25人 活動:タムシバ尾根ウォーキングコースの枯損木整理と階段整備、シイタケ菌打ち 2019年1月19日(土)第34回毛原の森モ...
緑の募金「森の出前授業」を行いました(第三錦林小学校) (2019年1月23日)
平成31年1月23日(水曜日)、京都市立第三錦林小学校の3年生の皆さん44人が、市民グループ フィールドソサイエティーの指導で、「森の出前授業」を受けられました。 スライドを見ながら森の生きものについ...
(緑の募金事業)「森の出前授業」幼稚園でしいたけの菌打ち体験を行いました(2019年1月16日)
平成 31年1月16日、京都市西京区の葉室幼稚園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 この日は森の生きものたちの話を聞いたあと、「コナラ」の木にしいたけの赤ちゃん(しいたけ菌)を打ち込む作業...
井手町大正池2(オムロン株式会社京阪奈イノベーションセンタ)森林保全活動報告(2019年1月11日)
日時:2018年 12月 1日(土曜日) 天候:晴れ 参加者:約60人 内容:下草刈り、丸太切り競争、パン作り、ウッドバーニングなど 京都府綴喜郡井手町の大正池グリーンパーク内においてオムロン(...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ