京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

井手町大正池2(オムロン株式会社京阪奈イノベーションセンタ)森林保全活動報告(2019年1月11日)
日時:2018年 12月 1日(土曜日) 天候:晴れ 参加者:約60人 内容:下草刈り、丸太切り競争、パン作り、ウッドバーニングなど 京都府綴喜郡井手町の大正池グリーンパーク内においてオムロン(株)京阪奈イノベーションセンタの所員とその家族を含め60名の...
(緑の募金事業)「森の出前授業」幼稚園でしいたけの菌打ち体験を行いました(2019年1月10日)
平成 31年1月10日、京都市右京区の嵯峨幼稚園で、緑の募金事業「森の出前授業」を行いました。 この日は森の生きものたちの話を聞いたあと、「コナラ」の木にしいたけの赤ちゃん(しいたけ菌)を打ち込む作業...
平成31年 理事長 年頭の御挨拶(2019年1月1日)
新年あけましておめでとうございます。 皆さまには、平成31年の新春を、晴れやかにお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。 皆さまと共に進めてまいりました京都モデルフォレスト運動は、昨年も、新たに1...
平成31年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクールにおいて府内からの応募作品が入選しました(2018年12月18日)
公益社団法人国土緑化推進機構が主催する、全国の小中高校生を対象とした『平成31年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクール』において、京都府からの出品作品が小学校の部で1作品、高等学校の部で1作品...
府民公開講座「伏見稲荷山の歴史と森、自然にふれる」参加者募集(2018年12月17日)
伏見稲荷大社の歴史と豊かな森について、神社の方からのお話を聞き、森林インストラクターと森林を観察しながら巡ります。 概要 日時:平成31年2月23日(土) 9時00分(受付開始)~12時30分(予...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ