京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

平成29年度府民参加型里山ふれあい事業による森林整備実施要望について(募集案内)(2017年9月6日)
平成29年9月 公益社団法人京都モデルフォレスト協会 府民参加型里山ふれあい事業(以下、「ふれあい事業」という。)は、京都府「豊かな森を育てる府民税」を原資として、放置され荒廃した森林において、自治会等の地域の団体・ボランティア団体・NPO法人(以...
「林業の現場見学とヒノキのマグカップづくりワークショップ」を開催しました(2017年12月4日)
平成29年12月2日(土曜日)、「林業の現場見学とヒノキのマグカップ(KYO-KUKSA)づくりワークショップツアー」を開催し、京都市内の小学生や福知山市内の緑の少年団の皆さんを含む合計52名の皆さん...
木づかいで、森づくり―「京の木の名刺」の取り扱いを開始します(2017年12月1日)
平成29年12月1日  府民・企業・団体など森の恵みを受ける皆で京都の緑を守る取り組みを進める公益社団法人京都モデルフォレスト協会は、このたび、京都発の北山丸太を活用した商品などを取り扱う株式会社K...
京田辺市甘南備山(京セラ株式会社)森林保全活動報告(11月23日)(2017年11月29日)
日時:2017年 11月 23日(木曜日) 天候:晴れ 参加人数:35人(社員および家族) 内容:ヒノキ間伐/皮むき、下草整備、ベンチ作り、松ぼっくりのクリスマスツリー作り コメント 午前中...
(後援事業)『企業・NPOと学校が連携した森林ESDフォーラム in 京都』開催のお知らせ(2017年11月27日)
国立大学法人京都教育大学附属図書館主催事業 これからの企業・NPO等の地域と学校が連携した森林ESDのあり方を議論し、新たな企業・NPO等と学校の連携・協働を促進するために、フォーラムを開催しま...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
モデルフォレスト運動紹介ムービー