京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

緑の募金「森の出前授業」大文字山で森の観察会を行いました(京極小学校)(2018年5月11日)
平成30年5月11日(金曜日)、京都市立京極小学校の3年生の皆さん27人が、市民グループ フィールドソサイエティーの指導で、大文字山で「森の出前授業」を受けられました。 山に入る前に「法然院森のセンター」でスライドを見ながら森の生きもののお話を聞いたあと、大文...
森林内での活動時はマダニにご注意ください(2018年5月9日)
5月に入り、森林内で森林整備活動を実施する機会が多くなる時期です。 例年、春から秋にかけては、マダニの活動が盛んとなり、マダニに咬まれる危険性が高まる時期となります。マダニに咬まれると重症熱性血小板減...
平成30年度「京の七夕」放置竹林整備行事の参加者を募集します(2018年5月9日)
京の七夕(イメージ写真) 京都府内で、放置された竹林が増えている中、放置竹林の竹を「京の七夕」行事(平成30年8月4日(土)~10日(金))で有効活用し、地域の環境保全を図ることを目的に、下記のとおり...
第9回「Club J-WESTの森」森づくりイベント(2018年5月2日)
来る6月2日(土曜日)、さわやかな初夏の森で、第9回目を迎える「Club J-WESTの森」森づくりイベントを開催します。豊かな森林づくりに欠かせない森林整備体験や毎回大人 気のツリークライミング、自...
平成30年度森林づくり基金活用事業(一般公募型)活動組織募集のご案内(平成30年6月29日まで) (2018年5月2日)
森林づくり基金活用事業は、企業等からの寄付金等を府内の森林整備に活用し、森林の公益的機能の良好な発揮と京都のモデルフォレスト運動の推進に資する事業です。平成30年度事業の一般公募型についてはCO2吸収...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

facebookでチェックしてね