京都の森を 守り育てる運動に参加しませんか

世界でも有数の森林国、日本。その中でも京都は府域の75%を森林が占めています。森は、木材の生産だけでなく、地球温暖化の防止や生物多様性の保全など様々な公益的機能を担っています。かつて、私たちは、この森の恵みを生活の中に巧みに取り入れその文化や産業を育んできました。しかしこの半世紀、人と森のかかわりは薄れ、森林の荒廃が進んでいます。当協会は、個人や企業、ボランティア団体などに幅広く参画いただき、力を合わせ京都の森を守り育てる取り組みを行っています。

お知らせ(新着情報)

平成29年度府民参加型里山ふれあい事業による森林整備実施要望について(募集案内)(2017年9月6日)
平成29年9月 公益社団法人京都モデルフォレスト協会 府民参加型里山ふれあい事業(以下、「ふれあい事業」という。)は、京都府「豊かな森を育てる府民税」を原資として、放置され荒廃した森林において、自治会等の地域の団体・ボランティア団体・NPO法人(以...
9月23日「ムラタの森」活動報告(村田製作所)(2017年10月17日)
9月23日(土)、ムラタの森活動を実施しました! 前日が雨で、お天気が心配でしたが、当日は無事晴れました(^^) 前回に引き続き、今回も間伐した材を使って既存の ハイキングコースの階...
林業の現場見学とヒノキのマグカップづくりワークショップツアーを開催します(2017年10月10日)
木材伐出の現地見学や京都府産材を使った木工体験を通じて、 森と木と私たちのつながりを感じてみませんか。(京都府木材組合連合会サイトへ) ●山林と木材伐出現場見学(福知山市内山林) ●セミ...
第21回「森林と市民を結ぶ全国の集いin京都」実施報告書(2017年9月28日)
去る平成29年6月に実施しました、第21回「森林と市民を結ぶ全国の集いin京都」の実施報告書を掲載しました。 実施報告書はこちらをクリックしてご覧ください(PDFファイルが開きます)
(緑の募金事業)「森の出前授業」実施報告ー山村都市交流の森で森林観察を行いました(2017年9月22日)
平成29年8月9日、「緑の募金」を活用した出前授業として、「森の人材バンク」登録団体である京都森林インストラクター会が講師となり、学童クラブの子どもたちを対象に、森林の働きや森の生きものなどについ...

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
森の京都
モデルフォレスト運動紹介ムービー