府民参加型里山ふれあい事業

事業の流れ府民参加型里山ふれあい事業は、京都府「豊かな森を育てる府民税」を原資として、放置され荒廃した森林において、地域住民・ボランティア団体・NPO法人(以下、「地域住民等」という。)が下刈りや間伐などの里山林保全活動に取り組めるよう事前に行う基盤整備事業です。
府民の皆さんの森林整備活動に対する関心を高め、府民参加の森づくり運動が展開される地域のさらなる拡大につなげることを目的とされています。
要望いただいた箇所について森林組合等の専門事業体により整備を進めます。

新着情報

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
森の京都
モデルフォレスト運動紹介ムービー