林野庁森林・山村多面的機能発揮対策事業

森林・山村多面的機能発揮対策あ 森林・山村を支える山村において、過疎化や高齢化が進み、地域住民と森林との関わりが希薄化しつつあり、水源の涵養、山地災害の防止、生活環境の保全、生物多様性の保全等森林の有する多面的機能の発揮が困難となっています。
  林野庁では、森林の保全管理や森林資源の利活用、また森林環境教育活動など森林の多面的機能の維持増進及び山村の活性化に対する取り組みを行う団体(活動組織=事業者)に対する支援策(森林・山村多面的機能発揮対策 交付金制度)を平成25年度から実施しており、京都府内でも多くの活動組織が活動をされています。当協会は、当事業の京都府域の地域協議会として、交付金の申請事務などの活動を支援しています。

最新情報・募集状況など

要綱・要領・その他様式

森林・山村多面的機能発揮対策要綱要領等(様式のダウンロードはこちらから)

参考リンク

ページの先頭へ

facebookでチェックしてね