平成28年度「森林づくり基金活用事業」報告会を開催しました

平成29年6月13日(火曜)、府内企業からの寄付金を府内の森林整備等に活用する「森林づくり基金活用事業」の平成28年度事業報告会を開催しました。
報告会には、森林づくり基金運営委員会委員のほか、実際に森林整備を行われている生産森林組合や住民組織、森林組合、企業、行政など幅広い立場の皆さんにお集まりいただきました。

森林づくり基金運営委員会 古田委員長あいさつ

事務局からの概要報告につづき、実際に基金を活用した整備活動を実施された大河内生産森林組合(南丹市園部町)、綾部市安場町杣連(綾部市)、みやわきBilly(美郷)(南丹市美山町)から報告をいただきました。「事業への取り組みを通じて、企業のほか薪ストーブ利用者などいろんな人との交流が広がり面白い。十年、二十年続けていくことで里山が豊かになっていけばと思う。」「整備前整備後が明らかに違い美しくなった」「今まで以上に持ち山や地域の山に目を向けるよい機会になった。次世代にすばらしい森を引き継ぐこと、森にふれ自然資源を活用すること、都市部にちらばった若い世代が地元に戻ってくることを目指し活動を続けたい」といった発表をいただきました。

その後の質疑でも、鹿害への対策や活動の裾野の拡大などに向けて、様々な立場から後世へ繋ぐ森づくりへ向けて熱心なやりとりが交わされました。

同事業については、平成29年6月30日まで今年度の活動組織を公募しています。
平成29年度森林づくり基金活用事業(一般公募型)活動組織募集のご案内(平成29年6月30日まで)

大河内生産森林組合の活動報告

綾部市安場町杣連の活動報告

みやわきBilly(美郷)の活動報告

ページの先頭へ

京都モデルフォレスト運動推進大使
facebookでチェックしてね
森の京都
モデルフォレスト運動紹介ムービー