平成28年度西日本旅客鉄道株式会社「カーボンオフセット特典」からのご寄付による森林保全活動等について

 公益社団法人京都モデルフォレスト協会

 西日本旅客鉄道株式会社「カーボンオフセット特典」によりいただいた寄付を活用して、平成28年度は下記のとおり京都府内で森林保全活動等を実施しましたので、ご報告します。

実施事業

森林整備事業

森林づくり基金活用事業とし、一般公募により府内5カ所で森林整備(人工林・天然林の除間伐)を実施しました。また、スチールの森京都(府民の森ひよし)内に設定した「Club J-WESTの森」においても、天然林の除伐を行いトータル110.89t-CO2/年のCO2吸収に寄与することが出来ました。

森林づくり基金活用事業費 5,438,156円

除間伐実施面積 13.01ha     CO2吸収量 110.89t-CO2/年

(森林の概況)
樹種:スギ、ヒノキ、マツ、ナラ等  樹齢(齢級):3~12齢級

*1世帯からのCO2排出量は年間5,370kgであり、110.89tの吸収量は約20.6世帯分に相当

実施箇所一覧

N0 事業実施主体 実施箇所 作業内容  CO2吸収量(t)
1 フォレスト南山城 南山城村 人工林間伐6.2ha 55.42
2 雲ヶ畑コモンズ・結い林業組合 京都市北区 人工林間伐2.0ha 16.64
3 竹井生産森林組合 南丹市 人工林・天然林の除間伐2.5ha 20.67
4 大河内生産森林組合 南丹市 天然林の除間伐0.7ha 6.78
5 安場町杣連 綾部市 人工林・天然林の除間伐1.5ha 10.79
6 京都モデルフォレスト協会 南丹市 天然林除伐0.1ha
イベント2回
0.59
合計 110.89
 
南山城村童仙房・野殿地内

京都市北区雲ヶ畑地内

南丹市園部町大河内地内
   
綾部市安場町地内

森林整備体験事業

平成28年6月11日(土)、10月22日(土)に実施した「森づくりイベント」において、「森づくり活動」として森林整備体験事業を実施しました。専門家の指導のもと、Club J-WESTメンバーや一般参加者の皆さんにご参加いただき、広葉樹を抜き切りし、残った木々の生長を促すことでCO2削減を図りました。

間伐実施面積0.1ha CO2吸収量 0.59t-CO2/年
(森林の概況)雑木林、ソヨゴ等平均林齢25年生、同区域内生立本数約200本

 

 

普及啓発事業

Club J-WESTの森」森づくりイベント

「Club J-WESTの森」をメイン会場に、春と秋の2回、『Club J-WESTの森』森づくり活動や森林の整備を行いました。

○第6回森づくりイベント

日時:平成28年6月11日(土)
参加者:約200名

内容:森林整備体験、自然観察会、木工教室、ツリークライミング、薪割り体験などで森林に親しんでいただきました。また、この回より新たなメニューとして実施した燻製づくりミニ講座も好評でした。森林整備体験では、前述の広葉樹の抜き切りを行いました。

○第7回森づくりイベント

日時:平成28年10月22日(土)

参加者:約250名

内容:森林整備体験、自然観察会、木工教室、ツリークライミングなどで森に親しみ、森や木を使った暮らしの大切さを体験いただいたほか、燻製づくりミニ講座や、バームクーヘン作りなどを体験していただきました。

 

ツリクラ

平成28年度の状況

(単位:円)

前年度からの繰越額 28年度
寄付受入額
28年度事業 29年度へ
繰越額
備考
事業費 事務費
7,396,502 5,059,800 5,438,156 252,990 6,765,156

 

ページの先頭へ

facebookでチェックしてね