株式会社SCREENホールディングス活動報告

【亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)】

SCREENの森での間伐」と「虫取り」・「森林学習

日時:2018年7月21日(土曜日)
天候:晴天
参加人数:約45 人(SCREENのみ)、地元を含めると総勢55人

7月21日(土) モデルフォレスト活動の第2回目イベントとして、「間伐」および、「虫取り」・「森林学習」を行いました。

今回も晴天に恵まれ、SCREENグループからは45名が参加。地元からは10名が参加され、総勢55名での活動となりました。連日猛暑が続く中での活動となったため、当初のスケジュールよりも少しコンパクトな内容に変更し、間伐チームと虫取りチームに分かれて作業を行いました。


間伐チームは、チェーンソーで木を切るデモンストレーションを見せてもらった後、自分達はのこぎりを使って木を切りました。
暑い中での作業となりましたが、皆さん、頑張って間伐していました。


子どもたちは虫取りへ。
トンボ、バッタ、セミ、カエルなど、たくさんの生きものを見つけました。


作業後は、公民館の横で流しそうめんを行いました。
地元の方が立派な流しそうめん台と椅子などを作ってくださっていて、子どもたちは大喜びでした。

昼食後は、「森林保全」についてのお勉強タイム。
「森林保全」の意味を知ってもらうため、CSRより子ども目線で説明しました。

日頃聞きなれない言葉にも真剣に耳を傾け、最後のクイズには全員が元気に答えてくれました。


当社グループは、環境保全分野における社会貢献活動の一環として「京都モデルフォレスト運動」に協賛し、京都府亀岡市宮前町宮川区の森林の一部「SCREENの森」の森林保全に取組んでいます。

亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)の取り組み

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ