毛原地区災害復旧作業報告(エスペック株式会社)

【福知山市大江町毛原(エスペック株式会社、福知山環境会議)】

平成30年7月西日本豪雨により、京都モデルフォレスト活動地としてお世話になっている毛原地区にも被害があり、8月4日に予定をしていた定例活動の内容を毛原自治会への支援活動に切り替えて実施をした。

 

 

1.災害後の状況

・山からの土砂が地区に流入し、側溝を埋め尽くしている→次の雨に耐えられない
・山からの土砂流入により棚田の里を守っている獣害対策柵が倒壊→獣害被害の恐れ

 

2.当日の作業の様子(参加者39名)

水路を埋め尽くす土砂のかき出し

 

 

 

 

水路を埋め尽くす土砂のかき出し

 

 

 

 

 

大量の土砂が積みあがりました

 

 

 

 

 

獣害対策柵の再設置作業

 

3.対応完了
写真たくさんの社員とそのご家族の皆様の協力により、大量の土砂の除去作業と獣害対策柵の再設置を行うことができました。
ご協力誠にありがとうございました。

 

 

関連ページ

福知山市大江町毛原(エスペック株式会社、福知山環境会議)

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ