株式会社SCREENホールディングス活動報告

【亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)】

「田植え・芋植え体験」と「森林学習」

日時:2018年5月12日(日 曜日)
天候:晴天
参加人数:約69人(SCREENのみ)、地元を含めると総勢93人

平成30年5月12日(土) モデルフォレスト活動の記念すべき第一回目として、「田植え・芋植え体験」および、「森林学習」を行いました。

当日は天候にも恵まれ、SCREENグループからは69名が参加。地元からは24名が参加され、総勢93名での活動となりました。今回は、田植えか芋植えかどちらかを選択し、体験。田植えチームは、宮川区の皆さんから田植えの仕方を教えていただき、すぐに田んぼの中へ。裸足で田んぼへ入り、子供たちは大はしゃぎ。カエルを見つけて追いかける姿も見られました。大人も童心にかえったかのように、田植え体験を楽しんでいました。

植えた苗が曲がっているのもご愛敬


芋植えチームも最初に説明を聞き、作業開始。3歳の子供から70代の大人まで、皆で協力して苗を植えました。地元の方が用意してくださった「スクリーンのいも」と書かれた看板を立て、作業終了。田植え・芋植え共に、秋の収穫を楽しみに待つこととなりました。

作業後は、公民館の中庭でBBQ。参加者全員で、BBQを楽しみました。BBQを待つ間、「朝市」で地元の野菜やお米を購入。子供たちは、地元の方にいただいたカブトムシの幼虫に夢中でした。

BBQの後、公益社団法人モデルフォレスト協会事務局担当者からモデルフォレストや森林保全についてのお話を聞き、続いて宮川区森さんには、宮川区の歴史についてお話をいただきました。


SCREENグループは、モデルフォレスト活動をはじめ、地球温暖化の防止や生物多様性の保全といった持続可能な社会に向けた環境課題に貢献しています。

亀岡市宮前町宮川(株式会社SCREENホールディングス)の取り組み

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ