森林保全活動を実施しました(平成29年12月2日)

井手町大正池2(オムロン株式会社京阪奈イノベーションセンタ)

平成29年12月2日(土曜日)ポカポカと暖かいお天気に恵まれたこの日、所員の家族を含め53名のメンバーが、大正池グリーンパークにおいて労組共催の森林保全活動を実施いたしました。
「井手町豊かな緑と清流を守る協議会」の中坊会長にご挨拶いただいたあと5班に分かれ、生い茂る笹の葉や枝をカマで刈り取る作業を始めました。
刈り取った笹を大きな袋に入れて廃棄場まで運ぶ運搬の仕事に、今年は高学年の子供たちが参加してくれました。大粒の汗をかきながら運ぶ姿は頼もしい限りです。

笹の葉の草刈り

大きな袋に入った草を一生懸命運んでくれました

午後からは、大人が間伐体験(希望者のみ)に参加、子供たちは炭で焼くバウムクーヘン、チョコレートやクッキーを使ったお菓子の家作りなど、充実した一日を過ごすことができました。
オムロン株式会社 京阪奈イノベーションセンタでは、これからも身近な里山の景観保全に取り組みながら社会貢献活動を続けて参ります。

竹の棒を使って炭焼きバウムクーヘン

昼食時の様子

関連リンク

企業参加の森林づくり

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ