CSR活動公開セミナー「SDGs時代のCSRと森林」【受付終了】

【受付終了】多数のお申し込みをいただき有り難うございました。

京都議定書発効の地、京都では、豊かな自然や歴史、環境を支えてきた森林を府民ぐるみで守り育てる「京都モデルフォレスト運動」に、40を超える企業等が参加されています。
2015年「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が国連サミットで採択され、今、地球規模での持続可能な社会づくりに向けた行動が求められています。
当協会では、これからの企業による生物多様性や森林の保全をはじめとしたCSR活動の展開を提案し、行動につなげることを目指しています。
この度、次のとおりセミナーを開催しますので、ぜひご参加ください。

概要

日時:平成30年9月11日(火曜)午後1時~(開場12時30分~
場所:聖護院宗務本所2階仏間(京都市左京区聖護院中町15)

13時~特別拝観 一夜造御学問所 宸殿・書院(重要文化財)

14時~講話

宮城 泰年 師

聖護院門跡門主 宮城泰年師(公益社団法人京都モデルフォレスト協会理事)の講話

 

14時30分~基調講演

足立 直樹 氏

「自然資本を活かして、SDGsに貢献し、新しい価値を創る」

講師:足立直樹氏
(株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役)

講師プロフィール

企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)理事・事務局長、いきもの共生事業推進協議会(ABINC)理事、エシカル推進協議会 理事、サステナブル・ブランド ジャパン サステナビリティ・プロデューサーなど。これ以外に環境省を中心に多くの委員を歴任し、「生物多様性民間参画ガイドライン」の策定にも携わる。

16時~事例発表

株式会社島津製作所の取り組み

三共精機株式会社の取り組み

後援等(予定)

一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)、京都府、近畿中国森林管理局、公益社団法人国土緑化推進機構、京都商工会議所、京都CSR推進協議会、KES環境機構、京のアジェンダ21フォーラム

※本事業は国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」の助成を受け実施しています。

費用

当協会正会員以外の方は、特別拝観料1,000円をご負担いただきます。

代表者情報

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
ご連絡先
同行者お名前

ページの先頭へ

SDGsに向けた取り組み

Facebookページ